丹波本店ができるまで

1801年(享和元年)京都・松原通にて初代中島治郎兵衛が「尾張屋」の屋号でお干菓子の製造を始め、
1912年(大正元年)大阪・都島で六代目中島治郎兵衛(弘喜)が「中島大祥堂」として創業しました。
その100年目にあたる年に「中島大祥堂ブランド」が生まれ、
2015年(平成27年)には、直接お客さまにお菓子をお届けできる「丹波本店」を始めました。

  • 1909年(明治42年)
    京都市松原通で尾張屋として干菓子製造。
  • 1912年(大正元年)
    大阪市都島区にて中島大祥堂を創業。意匠菓子と称する。
  • 1940年(昭和15年)
    戦時中も統制下菓子製造を続ける。
  • 1948年(昭和23年)
    戦災後、大阪市天王寺区で菓子製造を再開。焼菓子を始める。
  • 1955年(昭和30年)
    法人組織に改組。
  • 1963年(昭和38年)
    東大阪に工場移転。
  • 1970年(昭和45年)
    大阪万博を機に工場設備近代化。「太陽の塔」販売。
  • 1971年(昭和46年)
    [Danke(ダンケ)]ブランド登録。
  • 1985年(昭和60年)
    デザート製造に着手。
  • 1986年(昭和61年)
    営業政策を大幅に変更。高級路線へ。
  • 1987年(昭和62年)
    「吉野のくずもち」が喝采を得て、
    [聴松庵三笑(ちょうしょうあんさんしょう)]ブランド復活。
  • 1993年(平成5年)
    富山県南砺市に工場用地取得。
  • 2000年(平成12年)
    兵庫県丹波に工場用地取得、建設始める。
  • 2001年(平成13年)
    4月、丹波工場竣工。
  • 2003年(平成15年)
    本社工場にて、クレープライン導入。
  • 2004年(平成16年)
    ISO9001取得。
  • 2010年(平成22年)
    4月、大阪新本社工場竣工。
  • 2012年(平成24年)
    創業100周年記念式典を行う。
  • 2015年(平成27年)
    FSSC22000取得。
    中島大祥堂丹波本店オープン−−

丹波本店開店までの道のり

柏原の里に丹波本店を開店するまで様々な方々の
ご協力をいただきました。その記録をご覧ください。


TOP